ロゴ画像:東京都

ロゴ画像:東京都オープンデータカタログサイト

東京都オープンデータカタログサイト

東京都オープンデータアイデアソンキャラバン イベントレポート(日野市・まとめ)

2017年12月15日

テーマ代表発表

全体講評

主催者挨拶

閉会

 


◇  テーマ代表発表

テーマごとに分かれていた参加者がもう1度集まり、1日の締めくくりです。

 

日野市テーマ代表発表 日野市テーマ代表発表

 

両テーマの代表グループによる発表が行われ、参加者の皆さんは自分達以外のディスカッションもとても白熱したものだったと感じたようでした。

 

発表後、庄司氏からは、

 

認知症の人にとって優しい街とは、ほとんどの人にとっても優しい街。今回のテーマは色々な人に対しても応用力のあるテーマだと思っています。

また、トイレの方でも障害者をテーマに扱うと重くなりがちであるものが、明るくポジティブに捉え直し、発展的な話になったと思います。

 

と参加者の健闘を称えるコメントもありました。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 全体講評

日野市での1日を終え、庄司氏からの講評です。

 

全体を振り返ると、どちらにもテーマの難しさがあり大変だったと思います。行政のデータはみんなのもの。使って初めて価値が出るもので、もっと使ったほうがいいと改めて感じました。

 

私たち全員が専門家ではないのだけれど、とても身近な問題として専門家も気づかないようなアイデアが生まれました。専門外の人も参加してコミュニケーションすることの大切さを感じていただくことができたと思います。

 

庄司氏全体講評

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 主催者挨拶

開催地である日野市から、情報システム課長 髙橋登氏の挨拶です。

 

今日のアイデアソンで取組んでいただいたテーマは難しかったと思いますが、今の皆さんの表情を見ると、楽しんでいただけたようで何よりに思います。

 

日野市のデータがまだまだ充分ではないともアイデアソンの中ではお聞きしましたが、ぜひ皆さんから「こんなことに使いたいから市はデータを出してほしい」という声を出していただきたいです。

 

また、今日の取組を今日だけに終わらせず、これからのチャレンジに繋げていただきたいと思います。

 

今日のご参加、ありがとうございました。

  日野市髙橋課長

  

△ ページの先頭へ戻る


◇ 閉会

参加者全員での記念撮影で会の幕が下ります。

皆様にご参加いただき、ありがとうございました。 

 

日野市集合写真

 

 

台東区、日野市と続いたアイデアソンキャラバン、次なる舞台は、八丈町です。

 

△ ページの先頭へ戻る

 

 

日野市導入 日野市テーマ1 日野市テーマ2

 

 

△ アイデアソンキャラバンイベントレポートトップページに戻る