ロゴ画像:東京都

ロゴ画像:東京都オープンデータカタログサイト

東京都オープンデータカタログサイト

東京都オープンデータアイデアソンキャラバン イベントレポート(台東区・まとめ)

2017年12月15日

テーマ代表発表

全体講評

主催者挨拶

閉会

 


◇  テーマ代表発表

開会時に説明などが行われて以来になる、全員集合での進行です。

 

今日のディスカッションの締めくくりとして、各テーマから選ばれた代表による発表が行われます。

 

台東区テーマ代表発表 台東区テーマ代表発表  台東区テーマ代表発表

 

参加者は自分以外のテーマでの様子を知るのはこれが初めてのことです。それでも、代表グループの発表を聞くことで、そのテーマでの議論の熱量がうかがえるようでした。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 全体講評

一日を振り返り、庄司氏からの講評です。

 

「アイデアソン」という名前の通り、アイデアのマラソンを走り切ったみなさんは、かなり疲れたと思います。

しかし、走り切った後の爽快感も感じているのではないでしょうか。

また、データを通して台東区の可能性を感じるとともに、データをもとにしたリアルな議論の大切さを実感できたのではないでしょうか。

 

東京都や台東区のオープンデータ活用への取り組みは、まだ始まったばかりですから、すぐに結果が出るわけではありません。

しかし、今までなかったデータを知ることで、今までにないアイデアが生まれる。アイデアソンでの経験を通して、その可能性を感じていただけたのではないでしょうか。

 

アイデアソンに参加したみなさんには、ぜひデータをベースにしたディスカッションやコミュニケーションを続けていって欲しいと思っています。

 

庄司氏全体講評

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 主催者挨拶

今回の開催地である台東区から、財政部情報システム課長の飯田辰徳氏からの挨拶です。

 

台東区飯田課長挨拶

今日、みなさんが、課題を深めていったプロセスには驚きました。

私たち台東区が今まで持っていた課題に対する認識と、今日初めて台東区を知った方々の認識が、とても近かったからです。

データを活用したことで、これほど短い時間のなかで、的確に課題を理解していただけたことには、とても驚きました。

 

また、課題の絞り込みから解決策の提案までを1日で行うという密度の濃いプログラムに参加していただいたことに感謝していますし、その発表内容からみなさんが持つ「力」を実感しました。

 

オープンデータに関しても、「こういったデータが欲しい」「こういったデータはないか?」という率直なご意見をいただいたことで、我々行政の課題も確認することができました。

 

本日は本当にありがとうございました。

 

△ ページの先頭へ戻る


◇ 閉会

最後は、参加者全員での記念撮影です。

台東区の「T」の字を作ってパチリ!

 

台東区記念写真

 

お越しいただいた皆様、ご参加いただきありがとうございました。

 

台東区でのディスカッションの熱も冷めやらぬ間に、アイデアソンキャラバンは日野市開催へと続いていきます。

 


 

 

台東区導入 台東区テーマ1 台東区テーマ2 台東区テーマ3

 

 

 

△ アイデアソンキャラバンイベントレポートトップページに戻る