オープンデータカタログサイト データ利活用事例(東京大学・教養学部)

2022年6月3日

ArcGIS Onlineを用いたオープンデータの可視化

東京大学・教養学部

概要

東京大学・教養学部(前期課程)総合科目「情報メディア基礎論」における授業課題「ArcGIS Onlineを用いたオープンデータの可視化」の作品リストにおいて、東京都のオープンデータカタログサイトのオープンデータを多数活用いただきました。

作品リストURL

https://labo.wtnv.jp/2022/05/arcgis-online2022.html

東京大学 大学院情報学環・学際情報学府 渡邉 英徳教授のコメント(2021年4月から活用)

東京都を含む各地のオープンデータを活用して、データのビジュアライゼーション・ストーリーテリングを行い、社会課題の解決に寄与することをテーマとした授業を行なっています。

授業を通して学生たちから寄せられた意見は、施設一覧などのオープンデータには位置情報が付与されていないケースが多いということでした。住所の文字列が書かれていたとしても、座標(緯度経度)に変換するためにコストがかかってしまいます。オープンデータそのものに緯度経度が数値で付与されていると、さらに使い勝手が良いのではと教員・学生ともに感じました。

今後もさらに、オープンデータの取組を続けられることを期待します。